• トップ
  • 工法紹介
  • 地盤強化
  • V-JET工法

工法紹介

V-JET工法

V-JET工法は、セメント系硬化材の大容量超高圧噴射により土を切削し地盤中に円柱状の改良体を高速施工で造成するジェットグラウト工法である。噴射エネルギーを増大し水平二方向噴射することで、施工速度の向上と適用土質の範囲を広げることを可能にした。

  • PDFダウンロード

特徴

  • 大容量噴射においても高い噴射効率を維持する専用モニターの開発により、従来工法に比べ数倍の高速施工が可能である。
  • 従来の工法では難しかった硬い砂質土にも対応し、より広範囲な土質に適用できる。
  • 高速施工を可能にしたことで、工期の短縮とコスト縮減が可能である。
  • 近接物の形状に沿った付着改良ができるほか、造成パイル相互のブラスト効果によって、より密着性の高い造成が可能である。
  • 削孔径が小さいため埋設物を避けて削孔を行うことができ、また、改良範囲に埋設管等があってもこれを包含する形で改良を行うことができる。
  • 狭い場所や空頭制限のある場所でも施工でき、プラント設置に必要な用地は120m2程度であるため、コンパクトな施工が可能である。

V-JET工法の概要

工法名 V-JET工法
切削方法 超高圧硬化材液と空気を段差対向噴射
使用ロッド 二重管
工法概要 空気を伴った超高圧固化材液を空気と共に地盤中に段差対向噴射し、ロッドを回転しながら地盤を切削する。ロッドを一定の間隔で引上げ、切削排泥を地表に排出しながら円柱状の改良体を造成する。

工法概要

諸元 タイプ V1 V2 V3
硬化材噴射圧力 35MPa 35MPa 35MPa
硬化材噴射量 180ℓ/分 360ℓ/分 540ℓ/分
圧縮空気圧力 0.7~1.05MPa 0.7~1.05MPa 0.7~1.05MPa
圧縮空気噴射量 5Nm3/分以上 10Nm3/分以上 15Nm3/分以上

土質条件と有効径

標準設計数値

タイプ V1 V2 V3
噴射圧力(MPa) 35 35 35
硬化材吐出量(ℓ/分) 180 360 540
有効径(m) 砂質土 N≦50
粘性土 N≦3
2.0 2.5 3.5 4.0 5.0 5.5

砂質土 50<N≦100
粘性土 3<N≦5

1.8 2.3 3.2 3.6 4.5 5.0
砂質土 100<N≦150
粘性土 5<N≦7
1.6 2.0 2.8 3.2 4.0 4.4
造成時間(分/m) 7 11 10 14 14 18
  • 注1)改良深度は、0<Z≦30mを標準とし、Z>30mの場合は深度による低滅を考慮して有効径を設定する。
  • 注2)N値は改良対象地盤の最大N値である。
  • 注3)砂礫については、砂質土有効径の10%減を基本とするが、事前の試験施工等により有効径を確認することが望ましい。
  • 注4)腐植土については、十分な検討の上で有効径を設定する。
  • 注5)砂質土において細粒分含有率は大きい(粘着力が大きい)場合には、粘性土として設計数値を求める場合もある。特に粘着力が50kN/㎡以上の地盤では、所定の有効径が確保できないこともあるので注意する必要がある。
  • 注6)砂質土N>150、粘性土N>7の地盤では、試験施工等によって有効径を確認した上で設定するものとする。

液状化対策仕様の標準設計数値

タイプ VE1 VE2 VE3
噴射圧力(MPa) 35 35 35
硬化材吐出量(ℓ/分) 180 360 540
有効径(m) 砂質土 N≦10
粘性土 N≦1
3.0 4.0 5.5
砂質土 10<N≦30
粘性土 1<N≦2
2.7 3.6 5.0
造成時間(分/m) 10 8 10
  • 注1)改良深度は、0<Z≦30mを標準とし、Z>30mの場合は深度による低滅を考慮して有効径を設定する。
  • 注2)N値は改良対象地盤の最大N値である。
  • 注3)砂質土N>30、粘性土N>2の地盤では、試験施工等によって有効径を確認した上で設定するものとする。

V-JET硬化材

名称 硬化材タイプ 主な適用範囲 主な適用例
VJ-H 標準タイプ 強度発現型
通常地盤強化・止水
底盤改良、支持強化、土留め欠損部
VJ-M 中強度タイプ 強度抑制型
通常地盤強化・止水
発進到達防護、路線防護
VJ-L 低強度タイプ 強度抑制型
通常地盤強化・止水
発進到達防護、路線防護(小口径推進)
VJ-P 腐植土タイプ 腐植土用
地盤強化・止水
底盤改良、管路部、土留め欠損部
VJ-C 高流動性タイプ 粘性土用
地盤強化・止水
重要構造物近傍

V-JET改良体設計基準値

硬化材タイプ 土質 一軸圧縮強度
qu(MN/㎡)
粘着力
C(MN/㎡)
付着力
f(MN/㎡)
曲げ引張強度
(MN/㎡)
変形係数E50
(MN/㎡)
標準タイプ 砂質土 3.0 0.5 1/3C 2/3C 300
粘性土 1.0 0.3 100
中強度タイプ 砂質土 2.0 0.4 200
低強度タイプ 砂質土 1.0 0.2 100
腐植土タイプ 腐植土 0.3 0.1 30
高流動性タイプ 粘性土 1.0 0.3 100
  • ○表の値は採取コアの試験結果(4週強度)より設定したものである。
  • ○強度抑制型硬化材は原則として砂質土に適用する。ただし、互層地盤等で粘性土に適用される場合改良体の設計基準強度は、以下のとおり低下するものとして考慮する。
  • 中強度 標準×70%程度
    低強度 標準×50%程度

  • ○改良体の単位体積重量は現地盤と同等とする。
  • ○砂レキは砂質土に準ずる。
  • ○1週強度は4週強度の40%~50%とする。
  • ○水平方向地盤反力係数(K値)は実測値がないため、「共同溝設計指針」、S.61.3 p.124 日本道路協会編を参考のため記載する。(SI単位へ変換)

硬化材の標準配合

硬化材の標準配合(1m3当たり)

VJ-H(標準タイプ)

材料 配合量
VJ-H専用硬化材 620kg
795ℓ

VJ-M(中強度タイプ)

材料 配合量
VJ-M専用硬化材 580kg
807ℓ

VJ-L(低強度タイプ)

材料 配合量
VJ-L専用硬化材 580kg
808ℓ

VJ-C(高流動性タイプ)

材料 配合量
VJ-H専用硬化材 620kg
特殊流動化剤 18kg
777ℓ

注)プレミックスタイプの専用硬化材が供給できない地域については、セメント+(混合材)+混和剤の配合による現場練り配合で対応する。

VJ-H(標準タイプ 現場練り配合)

材料 配合量
普通ポルトランドセメント 620kg
特殊混和剤 6kg
801ℓ

VJ-M(中強度タイプ 現場練り配合)

材料 配合量
普通ポルトランドセメント 580kg
特殊混和剤 8kg
813ℓ

お問い合わせ先 三和土質基礎株式会社営業技術部011-642-9391 ご相談・お見積り・ご依頼はこちら

ページの先頭へ戻る